tagu



※本セミナーでは、タグ・ラグビーという
ラグビーから危険な要素を全て除いた、安全で楽しいスポーツを行い、
チームワークを体感していただきます。
どんなスポーツか、詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。



セミナー概要

今回のCLAセミナーでは、3月に開催された

「体感型チームワークセミナー〜ラグビーのように働こう〜」

で大変ご好評いただきました、チームワークのプロフェッショナル、

村田祐造氏を再び講師にお迎えし、

本当の意味でのチームワーク「ラガーマンシップ」の意味

そして「チームビルディング」の重要性を学んでいきます。




同じ職場のメンバーとは、
互いに信頼し合い共通の目標に向かい協力し合う共同体。

つまり「チーム」です。

では、最高のチームとは、一体どんなチームでしょうか。
そして、最高のチームを作るリーダーとは、一体どんな人物でしょうか。

初めて部下を持ち、「上に立つ」ことに戸惑うことはありませんか?
何度かリーダーをやったけれど、
チームが全然うまくまとまらなくて悩んでいませんか?

また、30歳前後ではなくとも、
リーダーとしてチームメンバーをひっぱっていくシチュエーションに
もし遭遇するとしたら、あなたはどうしますか?

答えは見つかっているでしょうか?




この言葉、一度は聞いたことがあると思います。

「One for All, All for One」
「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」


実はこれは
ラグビー選手の姿勢「ラガーマンシップ」の根本を表す言葉でもあります。

『周りを助けよう、一緒に頑張ろう』という「配慮」と「寛容」はもちろん、
「挑戦」「強さ」そして、「成果」に繋がる姿勢でいよう、という意味をもっています。

馴れ合いでもスパルタでも、チームは上手くいきません。
厳しくも暖かい、強いけれど楽しいチーム。
それが、「One for All, All for One」 の意味する、理想のチームなのです。



「チームワークは大切だ」

誰もが知っていることです。
多くの人が口にしてきた、ごくごく当たり前ことです。

しかし、一体どれだけの人がこの言葉の本質を理解し、重要性を受け止め、
具体的な行動に移しているのでしょうか。

「ラガーマンシップ」が必要となる場所は、職場だけではありません。

人生は、人と人との繋がりで溢れています。

個人主義志向が広がりつつある今こそ、
上っ面ではない、 本当の意味での「チームワーク」の重要性を、
「One for All, All for One」 の本質を、改めて問い直してみませんか?


今回のセミナーでは、
ラグビーの危険な要素をすべて除いた誰でもできる「タグラグビー」を通して、
汗を流し、肌身でこの「ラガーマンシップ」を感じ、学んでいただきます。


このセミナーで「ラガーマンシップ」を学び実践すれば、チームは変わります。

「お互いの信頼関係がきちんと築けるようになった」
「チーム全体の士気が高まり、部下が積極的に動くようになった」
「チームの結束が固くなり、着実に成果も出るようになった」

そして、何より仕事の中で

「楽しい」

と感じられるようになります。

チームワークがよくなる→成果が出る→楽しくなる→やる気がでる→成果が上がる

このような理想的なサイクルに、
あなたのチームを変えてみませんか?

リーダーとしての誰もが抱える悩み。
このセミナーに、その答えのヒントを見つけてください。


結果を出し続ける、最高のチームへ!


前回セミナーとの違い

1.チーム作りの視点
 前回の合言葉:ラグビーのように「働こう」(若手向け)
 今回:ラグビーのようにチームを「作ろう」(リーダー向け)
 今回は、自分だけでなくチームのメンバーも「強く楽しく」
 巻き込む手法について学びます。

2.参加者のあなた自身がバージョンアップしている
 半年間であなたはどんな経験を積んだか?どう成長したか?
 半年前に学んだ6つのキーワードがどう自分に影響したか
 半年の経験を6つのキーワードとチーム作りの視点で
 新に振返りを行うことによってさらに学びが深まります。

3.仲間も新しい
 本セミナーは、単なる座学ではありません。
 仲間との対話と経験の共有が学びを生み出す主要な装置です。
 半年前とは参加者の顔ぶれが変わっています。

というわけで

 「働こう」+「作ろう」の二つの視点。
 新しい自分と新しい仲間との対話。
 
この幸福な出会いが得られるリピート参加の効果は、

1+1=∞です!



セミナー詳細情報

■日時:10月25日

12:30     受付開始、着替え
13:00-15:15 タグラグビー体感
15:50018:30 振り返りワークショップ
18:45    希望者にて交流会
20:45     終了

■会場:新宿コズミックスポーツセンター

■参加費:社会人6000円、学生3000円

■持ち物:筆記用具、体育館シューズ、運動しやすい服装、
     飲み物(会場に自販機あり)、タオル、※向上心、情熱

■定員;40名(人数に限りがあります、お早めにお申し込みを!)

■お申し込み方法:このページよりお申し込みください。
※参加費(交流会費を除く)は事前振込みとなっております。お申し込みから7日以内に、下記の口座にご入金をお願いいたします。
銀行名:三井住友銀行 支店:東京中央支店 
口座番号:8063030 宛名:CLA

【問い合わせ先】
CLAチームセンター事務局、<tag_rugby@cla.vc>までお問い合わせください。




当日の流れ


受付開始・着替え  12:30〜

・受付
・着替え

大体育室前ロビーにて受付をお願いいたします。
その後、更衣室にて運動できる服装にお着替え下さい。


第1部 タグ・ラグビー体感   13:00〜15:15

・準備運動
・基本練習とルール確認
・チーム分けを行い、チーム練習
・試合

タグ・ラグビーを通して、チームワークを体感していただきます。
とは言え、難しく考える必要はありません。
思いっきり身体を動かし、汗を流し、楽しんでください!


第2部 振り返りワークショップ   15:50〜18:30

・振り返りワークショップ

村田さんと第一部のタグラグビーを振り返り、チームビルディングに関する理解を深めていただきます。
また、第1部のチームメイトと。あるいは他チームにいた仲間と。
机を使わず、ワークショップを行います。


交流会   18:45〜20:45

講師の村田さんをお招きしての交流会になります。
単なるご歓談の時間に留まらず、
村田さんを交えたイベントもいくつか用意しております。
参加ご希望の方は、
セミナー終了後、スタッフに参加費をお支払いください。





講師紹介
講師はチームワーク・エンジニア村田祐造氏

ラグビーとヨットの二競技で、日本代表のエンジニアとして国際大会を経験されており、その経験を踏まえ、現在はチームワークを指導する活動をしておられます。

略歴
ラグビー エンジニア
1989 東京大学ラグビー部で活躍。 東京大学工学部精密機械工学科を卒業。
東京大学大学院工学系研究科へ。

在学中にアメリカスカップ(世界最大のヨットレース大会)にニッポン・チャレンジ(日本代表チームに相当)の一員として参加。レーシングヨットの設計、開発、パフォーマンス分析を担当。
予選であるルイ・ヴィトンカップの準決勝で惜しくも敗退するが、この中で開発におけるチームワークの成功と、レースにおけるチームワークの失敗を経験し、改めてチームワークの重要性を認識。
2001 三洋電機ワイルドナイツに所属し、ジャパンラグビー・トップリーグで活躍。
また、同チームのタグラグビー普及指導員として、小中学校の体育でタグ・ラグビーを100時間以上指導。
スポーツ分析ソフト「power Analysis」の開発リーダーを勤める。

※Power Analysisとは
様々なスポーツ、作業現場での動作の映像を、
より理解しやすい「客観的なデータ」へと編集するための映像コーチングツール。
映像のデータベース化や比較、計測などの機能があり、
ラグビー日本代表チームや早稲田大学ラグビー部などで導入されている。

2002 ラグビーアジア大会に、日本代表チームのテクニカルコーチとして参加。
2003 ラグビーW杯に、日本代表チームのテクニカルコーチとして参加。
2004 関東代表に選抜される。
  選手引退
現在
スマイルワークス株式会社を設立し、
チームワーク・エンジニア
として活動。

ラグビーチーム「NECグリーンロケッツ」
バドミントンの小椋久美子・潮田玲子(オグシオ)ペアなどを指導。
その活躍に大きな貢献をされています。

また、企業に対してタグラグビーを利用したチームワーク研修事業を展開されています。





会場詳細

●新宿コズミックスポーツセンター
 〒169-0072 新宿区大久保3-1-2
(TEL.3232-7701)
 ■東京メトロ副都心線
   西早稲田駅 3番出口 徒歩2分

 ■JR/地下鉄東西線/西武新宿線
   高田馬場下車徒歩17分

 ■都バス
    高田馬場から(高71)
    新宿西口から(早77)
    池袋・渋谷から(池86)
   新宿コズミックセンター前又は都立障害
   者センター前〉下車徒歩1分

【地図】
map


(本セミナーは終了しました。)

セミナーにご参加頂きまして、誠にありがとうございました!


皆様のおかげで、最高のセミナーを開催することができ、
感謝の思いでいっぱいです。


セミナー中や交流会での皆さんの気持ちのこもったシェアは、
心に響くものばかりでした。


チームワークカードに書かれた敬意、感謝、傾聴、配慮、寛容、
そして挑戦のラガーマンシップを、
どうかご自身のチームに活かして頂ければ、
私どもスタッフも嬉しく思います。

ムラタグコーチから頂いたラグビーボールにこめられたメッセージを、
どうか周りの仲間にもシェアして頂きたいと思います。



重ねて、皆様本当にありがとうございました!!

チームビルディングセミナースタッフ一同